ロゴ
>コラム>注目が集まる個人タクシーの仕事!人気の秘密を知ろう

注目が集まる個人タクシーの仕事!人気の秘密を知ろう

男女

個人タクシーのメリットとしてまず挙げられるのは、法人タクシーのドライバーよりも多く稼ぐことができるということであり、人気の理由にもなっています。法人タクシーの場合は、稼いだ分の4割程度を会社に納める必要がありますが、個人タクシーの場合であれば、稼いだお金は全て自分のものになります。もちろん、個人で行う場合は車両の購入費やガソリン代、維持費などを自分で負担する必要がありますが、ある程度長い目で見れば、法人タクシーのドライバーより多く稼ぐことが可能です。次に挙げられるメリットは、自分の都合に合わせて、好きな時間や日に自由に働くことができるということです。法人タクシーの場合は会社に勤めているため、時間が拘束されてしまいますが、個人タクシーは自分で働く時間などを決められるという魅力があります。

個人タクシーは魅力的な働き方ですが、開業は誰にでもできるわけではなく、事前にさまざまな条件をクリアしておく必要があります。まず個人か法人かに関わらず必要なものとしては、二種免許であり、さらに大都市の場合は地理試験に合格することも必要になります。そして個人タクシーの開業に際しては、職業としての運転歴や、タクシー・ハイヤーの運転歴などが必要となるため、何の経験もなく開業することはできません。例えば35歳~39歳までの場合は、職業としての運転歴が10年以上で、タクシー・ハイヤーの運転歴が5年以上といった規定があります。そのため個人タクシーを始める際は、事前に法人タクシーなどでの運転経験が必要になるということが言えるでしょう。

タクシー