ロゴ
>コラム>建築業界で働きたい人必見!大工の求人探しで気をつけるべきこと

建築業界で働きたい人必見!大工の求人探しで気をつけるべきこと

面接

不景気なときこそ、手に職を持っていることは大きな強みになりますが、手に職の代表ともいえるのが大工です。従来、この種の仕事は個別の棟梁のもとに人を集めて組織だって行われるものでしたが、最近ではもっと大きな会社組織として、あるいはその反対に、単発の仕事単位で人を集めて行われるなど、多様性が見られようになりました。そこで、同じ大工の求人といっても、会社なのか個人なのか、あるいは単発仕事なのか継続雇用なのか、特徴をよく検討することが大切といえます。また、同じ建築でも、ビルを建てるのと住宅を建てるのとでは勝手がかなり違うので、自分の経歴が活かせるように、求人情報をうまく収集して比べることが重要となるのです。

また、建築関連の同じ規模の会社であっても、その取り扱う業務内容は様々です。さらに、自分のステップアップを考えると、日常の業務をこなすことはもちろんですが、そのような業務の中でスキルを磨けるような制度が整っているかはポイントとなります。大工仕事は現場仕事をこなしながら仕事を覚えるのが一般的ですが、それで教育訓練制度があるのと無いのとでは、自分の技量の向上の仕方が全く異なります。求人情報を比較検討する際には、その概要からだけでは、このような制度については知ることが難しいこともあります。そこで、多くの会社の求人資料からある程度絞り込んだら、さらに詳しい情報を入手して、より深く比べてみることが重要になります。

大工