ロゴ
>コラム>英語のスキルが活かせる仕事!貿易事務の仕事とは

英語のスキルが活かせる仕事!貿易事務の仕事とは

パソコンを操作する人

貿易事務はその名の通り、海外との貿易を円滑に進めるための仕事をします。そして、他の事務に比べて専門知識や語学力を必要とする仕事でもあります。実際の仕事内容では貿易書類の作成から荷物の手配や調整を行うため、取引先の言葉をしっかりと理解できなければなりません。特に、貿易書類は英語で記載されていることもあり、翻訳をしたり調整をしたりすることもあります。しかも、取り扱う商品によっては大きなお金が動くため、ミスをすると会社にとって大きな痛手になります。そのため、専門知識を習得していき、出荷や納品管理などの取引の流れを的確に掴んでいくことが必要です。それに加えて、臨機応変な対応ができ、コミュニケーション能力も求められています。英文の読み書きや英会話のスキルがあることで円滑に仕事を進めることができます。

貿易事務はとにかく語学力が豊富でなければできない仕事です。そのため、日常的な英会話はもちろんのこと、ビジネス英語を熟知しておく必要もあります。もちろん、専門的な知識を持っていること越したことはありませんが、英文や話が通じなければ先に進めません。そのため、求人情報には英会話ができる人や英検を持っている人という条件が多いです。ちなみに、資格の面ではビジネス英語検定の他にTOEICのスコアが高いほど即戦力となれます。特にTOEIC600点以上では自然な英語を使えるため、仕事もスムーズに行えます。そして、転職に役立つのが貿易実務検定というもので、専門知識がある証明となり採用面でも有利になります。それに加えて、パソコンを使って文書の作成やプレゼンテーション資料の作成もするため、一般事務で行うようなスキルも求められています。

履歴書